宮崎市の工務店「住いの緒方工務店」です。「古い家が持つ良さと新感覚をいかした家」をご提案いたします。

住いの緒方工務店がお手伝いいたします
0985-26-0446までお気軽にお電話下さい
お問い合わせ

介護環境リフォーム「要介護認定」の申請のしかた

住いの緒方工務店の素敵な家づくり!
  • 住まい造り
  • 施工事例
  • WB工法の家
  • 洋風の家
  • 和風の家
  • 内装デザイン
  • WB工法の家
  • 介護環境リフォーム
住いの緒方工務店にお任せ下さい!
  • 新築住宅の施工例
  • 新築住宅の施工例

「要介護認定」の申請のしかた

 

「介護環境リフォーム」

(1)申請します

「要介護認定申請書」に介護保険の「保健証」を添えて窓口に提出します。
本人または家族が申請するか、指定居宅介護支援事業者などに代行してもらいます。

*申請書には氏名等のほか、主治医が決まっているときはその指名等、第2号被保険者の場合は特定疾病の名称等も記載し、加入している医療保険証を提示していただきます。

 

 

(2)認定調査を受けます

介護を必要とする人の心身の状況などを調べる為に、宮崎市から委託を受けた介護支援専門員や宮崎市の担当者が家庭を訪問します。(介護保健施設や医療機関に入所中の人は、その場所を行います。)介護支援専門員は、心身の状況などの基本調査79項目、概況調査、特記事項について、本人と家族などから聞き取り調査を行います。

 

 

(3)専門家が審査します

一次判定の結果と特記事項、医師の意見書をもとに、「介護認定審査会」で審査し、要介護状態区分の判定(二次判定)が行われます。

 

 

(4)認定結果が通知されます

判定にもとづき、宮崎市が要介護状態区分を認定し、通知します。

 

要介護状態区分
心身の状態(例)
要支援
日常生活の能力は基本的にはあるが、身の回りの世話などに一部介助が必要。
要介護1
立ち上がりや歩行が不安定。
排泄、入浴などに一部介助が必要。
要介護2
立ち上がりや歩行などが自力では困難。
排泄、入浴などで一部または全体の介助が必要。
要介護3
立ち上がりや歩行などが自力ではできない。
排泄、入浴、衣服の着脱などで全体の介護が必要。
要介護4
排泄、入浴、衣服の着脱など日常生活に全面的介助が必要。
要介護5
意思の伝達が困難。
生活全般について全面的介助が必要。

 

 

 

ページのTOPへ

住いの緒方工務店の問い合わせ先

住いの緒方工務店は宮崎県宮崎市を中心に新築一戸建て・リフォーム等を行っています。

有限会社 住いの緒方工務店

【施工可能エリア】

宮崎市、西都市、都城市

Copyright (c) 2014 ogatakoumuten All Rights Reserved.